失敗しない転職準備

手遅れにならないための転職スケジュール別準備内容まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職のスケジューリング
The following two tabs change content below.
Shinsuke Yashima
日系上場企業、外資系IT企業・金融機関で人事全般を担当した後、New beginnningsを創業。人事へのキャリアチェンジで地獄を見た経験から転職ノウハウ・体験談を幅広く伝えたいと思い、本ブログを運営中。

転職活動の期間は3ヶ月から半年程度になることが多いです。この期間は動き出す前の準備次第で想定外に長引くことがあります。

 

特に、辞めたいと考えてから動き出した場合は、準備の大変さが重くのしかかり、長期化しやすいので注意が必要です。

 

もし転職活動が長期化すると焦りが原因で判断を誤りやすくなるので、仕事を辞めたいと思った段階での準備開始が理想です。

 

そこで、今回は、手遅れにならないように3つの転職時期(3ヶ月、6ヶ月、6ヶ月以上)別の準備事項をまとめてご紹介していきます。




 

1.3ヶ月以内の転職はスピード感が重要

3ヶ月以内に転職を決めたい場合は時間の猶予がほとんどないため、活動をしながら改善を進める動き方が求められます。

 

事前準備ゼロから活動を始めると「転職活動が究極的にうまくいかない時に取るべき行動まとめ」で紹介している通り、半年程度要することがあります。

 

PDCAサイクル

以下のスライドの通り、職務経歴書の更新や転職エージェントへの登録からスタートする場合は、3ヶ月でオファーをもらうスケジュールは非常にタイトです。

 

 

この短期決戦を成功させるには、応募の意思決定と面接準備に集中できる環境づくりが重要になります。

 

そのために必要な2つのポイントを以下で説明していきます。

 

ポイント1:転職エージェント経由での応募数を確保する

転職エージェントとの相性は転職活動の成否を分けます。数社に登録し、信頼できるコンサルタントを見つけることが重要です。

 

まだ、選び方や付き合い方のイメージがついていない場合は、「転職成功者が必ず実践しているエージェントの選び方3つの秘訣」を先にチェックしておきましょう。

 

3ヶ月以内の場合は、スピード勝負です。応募開始までの出遅れは後から取り戻せないと考えておきましょう。

 

まだ、転職エージェント・転職サイトへの登録が2、3社の場合は、以下のうちで2つ程度は追加登録をオススメします。

 

応募数を増やすためにオススメのエージェント

①応募数を改善したい場合:リクルートエージェント

 業界最大手で案件数の多さからサポートのスピードまでがそろっているので登録必須です。
 

②外資系も視野に入れる場合:JAC Recruitment

イギリス発の日系企業で業界3位です。日系外資系をワンストップで攻めたい人向けです。
 

③安定したサポート力重視の場合:パソナキャリア

応募数よりも質を見直したい時にはオススメの会社です。
 

④管理系転職の場合:MS-Japan

案件の説明から応募時のサポートまでが丁寧です。バックオフィスの人は登録して損はありません。

 

上記エージェント2、3社と中小エージェント2社で計5社程度は登録しましょう。

 

ポイント2:バックアップとして転職サイトも活用する

スピードを優先する場合は、転職エージェントを中心に応募を進めることが必須ですが、転職サイト経由での案件も見落とさないようにチェックしましょう。

 

エージェントと同様に転職サイトも強みとしている案件の層が異なるため、以下の特徴を踏まえて、使い分けましょう。

 

バックアップになる転職サイト

①幅広く求人をチェックしたい場合:リクナビNEXT/

ユーザー数が多いため案件情報の獲得に便利です。
 

②ハイクラス求人をチェックしたい場合:ビズリーチ

年収500万円以上が対象。ベンチャーから外資系まで情報収集可能です。
 

③IT系求人をチェックしたい場合:Green

採用企業へのインタビュー記事が充実して面接の時に役立ちます。

 

2.半年後に転職したい場合は下準備を始めておく

転職活動を本格的に開始する際にすぐに応募できるように、レジュメの更新と応募ルートの確保をゆるやかにはじめておくことが大切です。

 

転職のチェックリストとPC

 

大切なのは、「次の転職で何を実現したのか?」「どうして今の会社を辞めたいのか?」を整理しておくことです。

 

「転職理由=退職理由」ではないので、会社を辞めたいと思った理由と新しい会社に入りたい理由を自分のなかで整理をつけましょう。

 

具体的な整理方法は以下の3つの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

 




3.6ヶ月以上先の場合は転職活動のPRポイントをづくりに取り組む

半年以上先の転職を考えている場合は転職活動よりも、キャリアアップに必要なスキル・経験を手に入れる方が大切です。

 

日頃の仕事で成長する

 

自分自身の市場価値が気になる場合は、転職サイトに登録して、応募できそうな案件の想定年収をチェックしてみましょう。

 

調べた結果、キャリアアップのために不足するスキルや経験があれば、今の環境で補えるように積極的にチャレンジすることが大切です。

 

将来の転職に備えて資格取得を考える人が多いですが、全ては実務経験ありきです。

 

今の環境でしかできないチャレンジをしたうえで、経験の棚卸しやキャリアチェンジの準備をしたいと場合は、将来の仕事に関連する資格を目指しましょう。

 

キャリアの幅を広げたい場合は、今後もますますニーズが高まるビジネス英語の習得がオススメです。

 

詳しくは、資格を活かすためのポイントをまとめた記事をご覧ください。

 

 

まとめ

転職を成功させるには、「日々の仕事をいかに次のキャリアにつなげるか?」という視点が欠かせません。

 

もし「今の環境ではまずい」と感じた場合は、「半年以内に転職したい」ケースに該当すると考えて、経験スキルの棚卸を始めましょう。

 

そこで、緩やかに転職活動をしてみて、今の会社でしばらく頑張ろうという結論を出すのも貴重な気づきになります。

 

もし3ヶ月以内の転職を目指す場合でも、限られた時間でも関心がある会社には全て応募したと納得がいくように動きましょう。

 

準備に時間をかけられるに越したことはありませんが、集中して活動をすれば必ず納得いく結果が得られます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

コメントを残す

*